SMP 費用

スカルプマイクロピグメンテ―ションにかかる費用

コストパフォーマンスの高い薄毛対策

スカルプマイクロピグメンテーションは、1回限りの出費および低価格で確実な結果が得られる、画期的な薄毛対策です。薄毛治療のコストを比べる際は、あらゆる事実を検討することが大切です。

スカルプマイクロピグメンテ―ション VS 薄毛治療 費用比較

比較のために、例えば自毛植毛手術の費用を参考にしてみましょう。自毛植毛手術の広告では、一定量の移植をスカルプマイクロピグメンテ―ションよりも少し高額な料金で行うと宣伝しています。しかし、その2倍の量の移植が必要になった場合はどうでしょうか。

移植された髪が十分に定着せずに抜け始めると、また全体的に髪の毛の薄さが気になるようになります。結果的に何度も植毛手術を繰り返さなければならなくなり、費用は当初の予算よりもはるかに高くなります。

植毛手術に55,000ドルを費やして、それでもまだ薄くなっていく髪の毛。どうすればいいのでしょうか。

レーザー育毛キャップ、服用薬、ミノキシジル、ボリュームアップスプレーのような薄毛対策からは、平凡な結果しか期待できません。

  • レーザー育毛キャップは、最初の効果を感じるまで最低6ヶ月はかかります。
  • フィナステリド やプロペシアなどの処方薬は、長期的に抜け毛のスピードを少し遅らせるかもしれませんが、それでも薄毛は進行し元には戻りません。副作用のリスクもあります。
  • ボリュームアップスプレーはうまく使えばもっともらしい結果が得られるかもしれません。しかし、プールや海で泳げず、雨を必死に避けなければならないのは本当の薄毛対策と言えるでしょうか。

これらの薄毛対策はすべて継続的なコストがかかります。安価な選択肢のようではありますが、残りの人生を考え長期的に見た場合、実際にそうとは言えないことがわかるでしょう。

薄毛に悩む男性の中でも、スカルプマイクロピグメンテ―ションを選ばれる方が今まで以上に増えている理由はここにあります。確実な結果が得られ、費用は手頃で一回限りの前払いです。治療が完了すれば、数週間以内に泳いだり、ジムでトレーニングしたりと、抜け毛の心配をすることなく完全に普通の生活を送ることができます。

ヘアライン

後退した生え際の形を整えて元通りにします。髪の毛を完全に取り戻します。

はげ

薄くなったbげたパッチに密度を追加するか、消えていくヘアスケープを修正します。

傷跡

FUE / FUTの傷跡を、色が一致した特別な毛包で隠します。