Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_nlist() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 420

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230

Warning: ftp_pwd() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/customer/www/scalpmicroytb.com.au/public_html/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 230
SMP 脱毛症 - Scalp Micro YTB

さまざまな脱毛症

脱毛症の種類

脱毛症に対する従来の治療法は、結果の一貫性に乏しく、患者さんの期待に沿えない、往々にして一時的な解決策でした。

そこで登場したのが、脱毛症状を隠せる永久的なソリューション、スカルプマイクロピグメンテ―ション(SMP)です。SMP治療は世界中の男性に自信を取り戻すきっかけを提供しています。

この革新的な脱毛症治療技術は、例えばかつら、ボリュームアップスプレー、副腎皮質ステロイド剤の注射、副腎皮質ステロイドクリームおよびローションの外用、免疫療法、ジスラノールクリーム、ミノキシジルなどの幅広い薄毛対策への現実的な代替ソリューションとして、世界中で採用されてきました。前述した薄毛対策は一部の方には有益な結果を残しますが、スカルプマイクロピグメンテ―ションは、結果が保証され、永続的で、必要とされるメンテナンスが少ない、安全で唯一の治療法です。

脱毛症についてのさらに詳しい情報は、専門に解説している サイト を参考にしてみてください。

脱毛症とは?

脱毛症とは、正常に毛髪が成長している部位から毛髪が抜け、毛髪が部分的または完全に無くなってしまう症状のことです。男女にかかわらず、また子どもでもかかる病気です。突然発症することも珍しくなく、予測不可能で、頻繁に再発します。

スカルプマイクロピグメンテ―ション以前は、現実的な脱毛症治療はありませんでした。

脱毛症には様々な要因があり、そのうちのひとつは、身体が自分自身の毛包(毛根を含む毛髪産生器官)を攻撃してしまう自己免疫疾患であり、ストレスや不安障害との関連性も指摘されています。ウイルスや細菌への感染が原因であることもあります。病気ではありません。

重要なことは、こういった脱毛症によって毛包が破壊されることはめったにないということです。つまり、毛髪は再生する可能性があるのです。抜け毛が少ないほど、また自然に生えてくる可能性は高くなります。

脱毛症は、オーストラリア人口の約2%が生涯のある時点で罹患します。また男性も女性も等しく罹患します。脱毛症患者の約25%が、同様の疾患の家族歴があることがわかっています。

脱毛症についてのさらに詳しい情報は、専門に解説している サイト を参考にしてみてください。

脱毛症治療としてのSMP

SMPは、白人種、アジア系人種、黒人種、あらゆる方の肌の色および皮膚タイプに対応できる脱毛症治療であり、どのような脱毛症に対しても有効です。

SMPは、皮膚の真皮上層に微小の色素を点状に定着させる最先端の技術です。熟練したテクニシャンによる施術は、点状の色素が刈り上げられた毛髪の毛根のように見えるため、本物の頭髪とまるで見分けがつきません。

この治療は安全で効果が高く、永久的です。毛根にダメージを与えないため、将来本物の髪がまた生えてくるのを妨げることはありません。

また注意していただきたいことは、仕上がりは、脱毛症や治療に関する知識だけでなく、施術を行うテクニシャンのアートメイク技術に大きく左右されるということです。

特殊な脱毛症についてさらに詳しく

以下のリストは、脱毛症についての理解を深める手がかりになるかもしれません。

円形脱毛症(詳しい分類は以下)

  • 男性型: 短い成長期とそれに伴う毛髪の成長不能が原因で起こる不完全な抜け毛。症状は頭皮全体に及ぶが目立った脱毛斑は見られない。
  • 単発型: 1カ所のみの脱毛斑。頭部のどこにでも発生する。
  • 多発型: 頭部に複数の脱毛斑ができる。
  • あごひげ型: あごひげだけに抜け毛が発生する。
  • 全頭型: 頭皮のすべての毛髪が抜け落ちてしまう。
  • 全身型: 陰毛、手足に生える毛、まつ毛や眉毛を含む全身の毛が抜け落ちてしまう。
  • 蛇行型: 頭皮の前と後ろの生え際にみられる脱毛。
  • 瘢痕性脱毛症: 多様な症状の総合的名称で、毛包が破壊され瘢痕組織に置き換わり、永久的な脱毛を引き起こす。
  • 蛇行型: 後頭部の耳の後ろから反対側の耳にかけて帯状に広がる脱毛。
  • 色素性母斑型: 色素性母斑を特徴とする斑点で、周囲の皮膚と異なる色をしている。通常はほくろ。
  • 三角形型: 脱毛病変が三角形に現れる円形脱毛症のまれな形。
  • 網状型: 網状の脱毛パターンが特徴で、不規則な脱毛斑が頭皮に散在する。

ムチン性脱毛症

瘢痕性脱毛症

牽引性脱毛症

脱毛症は健康を害さない一方で、その対処は簡単ではありません。急に何の前触れもなく発症し、症状が一時的な場合もあれば生涯続く場合もあります。円形脱毛症は小児期に発症することが最も多く、早期に発見されやすいと言えます。

一般的な円形脱毛症

脱毛症を意味するAlopeciaは、頭や体からの抜け毛を意味するギリシャ語に由来します。

円形脱毛症は脱毛斑が見られる最も一般的な脱毛症です。この脱毛症は自己免疫疾患によるもので、生涯において50人に1人の割合で発症します。

発症には遺伝的要因と環境的要因があるとされています。免疫機能が毛包(特に色素をもつ毛包)に対して攻撃を行います。一部のケースでは、強いストレスまたは不安障害が原因とされています。

最も影響を受けやすいのが頭皮です。脱毛に伴う他の症状や頭皮の異常は見られません。新しい髪はやがて生えてきますが、何カ月もかかることもあります。

非常にまれですが、円形脱毛症が広範囲に及び、頭髪が完全に失われる全頭性脱毛症に発展することがあります。妊娠中などの体内のホルモン変化によって抜け毛が生じることがあり、これは分娩後脱毛症として知られています。髪の毛は薄くなったりまだらになったりしますが、やがて元に戻ります。また、急な精神的ショックも抜け毛の原因となることが知られており、これはほとんど一晩で起こります。この場合
も、体が元の状態に戻れば髪の毛もも元通り生えてきます。ストレスレベルを減らしたり環境的な要因を探るのは、円形脱毛症になりやすい人にとって大切なことです。

抜け毛を克服することは容易ではありません。なぜなら、抜け毛によって人は外見を気にするようになり、それがまたストレスを引き起こして、より多くの抜け毛につながるからです。重要なのは最初のストレス要因を探り当てることであり、問題の克服のために専門家の助けが必要な場合もあります。髪が再び生えるようになると、最初は細くてもやがて元に戻ります。円形脱毛症にお悩みの方は、髪の毛のお手入れにも慎重になりましょう。髪質に合ったシャンプーやコンディショナーを使うことで、髪がきちんとまとまります。ブラッシングして抜け毛を取り除くことで、毛包を刺激し、新しい髪の毛の成長を促します。新しいヘアスタイルは、脱毛斑や薄い部分をカモフラージュして、自信を高めるのに役立ちます。抜け毛でお悩みの場合は、長い髪による毛包への負担やダメージを考えて、短いヘアスタイルにしたほうがいいこと

もあります。頭皮はとてもデリケートなため、手入れを怠らないようにしましょう。抜け毛の原因を知ることは、再発を防ぐための重要な一歩です。

多発型 /(単発型)――脱毛斑

1つの小さな脱毛斑または複数の脱毛斑を伴う円形脱毛症です。

Alopecia Monolocularis(単発型)が次の段階に発展したものがAlopecia Multilocularis(多発型)です。時間の経過とともに単一の脱毛斑が複数に増え、症状が悪化して頭皮や身体の他の部分に広がります。

Alopecia Multilocularisでは異なる大きさの脱毛斑が多数あらわれます。5セント硬貨ほどのものから大人の手のひらほどの大きさのものまでさまざまです。脱毛斑同士が合わさって1つの大きな脱毛斑を形成することもあります。

自己免疫疾患の重症度によって、このような症状の進行が1年かけて起こることもあれば、1ヶ月という短い期間で起こることもあります。また、進行の速さには初期の段階で治療が行われたかどうかも関係があります。しかし、発病の誘因が解明されていないのと同様、脱毛斑が増える原因についてははっきりと分かっていません。

これまでの観測によれば、初期の脱毛斑に対して何の治療も受けずに放置した方のほうが、治療を受けた方に比べて、多発型であるAlopecia Multiclocularisへと症状が進行しやすいことが分かっています。

実際、治療を受けた方の多くが、単発型であるAlopecia Monolocularisの段階で症状を抑えるか、時には快癒されることに成功しています。 一方で、このAlopecia Monolocularisを経ずに最初から複数の脱毛斑が見られる症例も多数報告されています。このように、この病気の決定的なパターンはまだ発見されていません。

Alopecia Multilocularis(多発型)に対する治療は、Alopecia Monolocularis(単発型)に対する治療に比べて、効果の発現が遅いことも報告されています。

多発性円形脱毛症の患者に施された治療は、単発性脱毛症の患者よりも遅い効果を示しています。

男性型脱毛症(男性ホルモン型脱毛症)

通常、こめかみの上部から脱毛が始まり、明確なパターンが見られます。時間の経過とともに生え際が後退し、「M字」の形になるのが特徴です。頭頂部の毛髪も薄くなり、部分的または完全な脱毛まで発展することも珍しくありません。

女性の脱毛パターンは男性の脱毛パターンとは異なります。女性では、髪が全体的に薄くなり、生え際は後退しません。女性に起こる男性型脱毛症の場合、全頭性の脱毛に発展することはめったにありません。男性に起こる男性型脱毛症は、冠状動脈性心疾患および前立腺 (男性が持つクルミ大の腺で、膀胱の下に位置する) の肥大を含む複数の症状との関連性が指摘されています。

さらに、前立腺がん、インスリン抵抗性に関連する病気(糖尿病や肥満など)、および高血圧症も、男性型脱毛症と関連づけられています。女性においては、男性型脱毛症は多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)のリスク増加と関連性が見られます。PCOSは、不規則な月経、にきび、体毛の異常な増加(多毛症)、体重増加につながるホルモンバランスの乱れが特徴です。(提供元: https://ghr.nlm.nih.gov/condition/androgenetic-alopecia)

男性型脱毛症はどれくらい一般的ですか?

男性型脱毛症は性別に関わらず脱毛の原因となりえますが、特に男性に多くみられる症状です。男性型脱毛症を経験する男性はオーストラリアでは60万人にのぼります。10代から発症することもあり、そのリスクは年齢とともに増加し、50歳以上の男性の50%以上に何らかの形で脱毛症状がみられます。男性型脱毛症は、男性に起きる脱毛症の一般的なタイプで、通常は遺伝します。

瘢痕性脱毛症(傷跡)

瘢痕性脱毛症には多くのタイプがありますが、共通しているのは毛包が永久的かつ不可逆的に破壊され、瘢痕組織へと進行することです。瘢痕性脱毛症のほとんどは、最初は小さな脱毛斑として始まり、時間とともに拡大します。抜け毛は徐々に進行し、目立った症状がないため長い間気づかれないケースもあります。一方で、重度のかゆみ、灼けるような感覚、疼痛を伴い、急速に進行するケースもあります。

瘢痕性脱毛症の外観は、脱毛斑のふちががたがたに見えるという点で円形脱毛症とは少し異なります。毛包の破壊は皮膚の表面下で起こるため、頭皮上で見られるのは斑状の脱毛だけです。患部はなめらかです

べすべとしている場合や、発赤、鱗屑、色素沈着や色素脱失がみられる場合、患部に体液や膿を伴った水ぶくれができる場合とがあります。初期には毛包の周囲に炎症細胞がみられることが多く、これが毛包の破壊と瘢痕組織の発達を引き起こしているという説が有力です。しかし、瘢痕性脱毛症患者からの生体組織検査で炎症がほとんどみられないことがあるため、皮膚科医の間では議論が続いています。瘢痕性脱毛症は、最後には「燃え尽きる」ことがほとんどです。脱毛斑は広がるのをやめ、炎症、かゆみ、ほてり、痛みはなくなります。一般的に脱毛した部分の毛包はなくなります。脱毛班の周辺部の毛包は完全に破壊されずに再生することもありますが、大抵の場合毛包があった場所には縦の傷跡だけが残ります。

瘢痕性脱毛症は治療できますか?

ヒアルロン酸を瘢痕部位に注入することである程度毛髪の再生がみられたケースもありますが、100%の再生は得られませんでした。ヒアルロン酸注射を選ばれる場合は、治療の全体の完成度を高めるためにスカルプマイクロピグメンテ―ションによる補完的な治療が必要になるかもしれないことを心に留めておきましょう。( ソース https://www.intechopen.com/books/alopecia/cicatricial-alopecia

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は本人によって引き起されるタイプの脱毛症で、通常は髪の毛を引っ張ること、つまりきつく髪を束ねるヘアスタイルなどの結果として起こります。

この疾患はカリブ系黒人の方によくみられ、コーンロウやきついポニーテールのように強く引っ張られたり編まれた髪型が原因となります。

牽引性脱毛症は一晩では発症することはほぼありません。通常は何年にもわたって髪の毛を引っ張ってきた結果であり、これにより毛が抜け、毛包がダメージを受けます。

牽引性脱毛症による脱毛は、前頭部の生え際から始まることが一般的です。ほとんどの場合は回復します。大切なことは、ヘアスタイルを変更するな

ど、脱毛症の原因となっている習慣を止めることです。ヘアアイロンやコテの使用は中止するか、使用機会を大幅に減らすべきです。そうした場合でも、回復には最低でも6ヶ月程度かかると考えてください。

毛包の損傷を原因とする頭皮の感染症を治すために抗生物質よる治療が必要になることもあります。

ひげの円形脱毛症

Alopecia Barbae は円形脱毛症の一種で、他の健康上の問題とは関連はなく、全体的な身体の健康にも影響しません。

Alopecia Barbaeは、再発がかなり一般的な脱毛症で、それによって他のタイプの脱毛症を発症する可能性があったり、その可能性を高めたりすることはありません。比較的まれなタイプの脱毛症で、この円形脱毛症を経験するのは男性の約2%にすぎません。毛包が炎症を起こして、患部のひげが数日で抜け落ちることもあります。

ムチン性脱毛症

ムチン性脱毛症は、正常な物質であるムチンが皮膚の有毛部 に異常に蓄積して起こる症状です。原因は不明で(免疫システムに関係していると考えられています)、毛包の細胞が異常な量のムチンを分泌し、脱毛や瘢痕化などさまざまな皮膚病変を引き起こします。

ムチン性脱毛症は小児または30歳代と40歳代の成人に最も多くみられます。成人型は、小児型に一般的にみられるよりも病変が多く、長く持続する傾向があります。さまざまな治療法が試され、ある程度の成功を収めていますが、ほとんどの病変は数カ月から2年以内に消退します。また、非常にまれな蕁麻疹様毛包性ムチン沈着症は、通常は中年男性の頭頸部に発症します。赤色病変がよくみられ、脱毛はまれにしか起

きません。この病気は何年も続いたあと自然に治ることもあり、全身的疾患との関連性はないと考えられています。毛包性ムチン沈着症は、皮膚のリンパ腫との関連性が指摘されることもあります。ムチン性脱毛症は、微視的な観点および遺伝子再配列研究では、リンパ腫を伴う毛包性ムチン沈着症と区別されます。

全頭性脱毛症の原因は何ですか?

自己免疫疾患によって免疫システムが毛包を攻撃した結果起きるのが全頭性脱毛症です。正確な原因は不明で、現在も多くの議論の対象となっています。時間の経過とともに多くのことがわかってきていますが、完全な治療法や予防法の発見まではまだまだ遠い道のりです。

毛髪が再生する可能性は低いながらも、完全に回復したケースも報告されています。原因不明の遺伝性自己免疫疾患ですので、発病のきっかけも不明であれば、治るきっかけも不明であるケースが多いです。毛包が自己免疫活動の標的となる理由についてはまだ研究段階にあります。

全頭性脱毛症は治療できますか?

治療法はいくつかありますが、これらは症状を抑えるだけで根本的な解決には及ばず、誰にでも効果があるわけではありません。一般的な治療法は、副腎皮質ステロイド剤の注射、副腎皮質ステロイドクリームやローションの外用、ミノキシジルローション、免疫療法、ジスラノールクリーム、紫外線療法などです。担当の医師または適切な医療専門家が、このページで解説される以上の詳細な説明をいたします。スカルプマイクロピグメンテ―ションは、あらゆる脱毛症の症状をカモフラージュできる、多くの方に喜んでいただけるシンプルな解決策です。

全頭性脱毛症や候補となる治療法の詳細については、次のリンク先を参照してください。

  • 全頭性脱毛症のDPCP治療
  • 全頭性脱毛症

全頭性脱毛症

全頭性脱毛症には2つのタイプがあります。1つは突然に起こる完全な頭髪喪失です。もう1つは円形脱毛症として始まり、後にゆっくりと完全な頭髪喪失に進行するタイプです。

患者さんは40歳未満の小児および若年成人が大半ですが、あらゆる年齢層で罹患する可能性があります。爪への影響があり、凹凸ができたり、もろくなったりする場合があります。突然発症することが多く、急速に拡大します。全頭性脱毛症とは、円形脱毛症の重症例に与えられる名称で、脱毛斑が非常に大

きく成長し、しばしば眉毛、まつげ、そしてひげを含む、頭部全体に症状が拡大します。統計では、通常の男性型脱毛症(男性ホルモン型脱毛症)を除き、西洋社会における男性の2%、女性の1%が何らかの脱毛症に悩んでいることがわかっています。そのうち約2%のみが全頭性脱毛症であるため、確率的にはまれな症状です。円形脱毛症を患う男性のうち、全頭性脱毛症を発症する方はごく一部ですが、その可能性は常に存在します。

全頭性脱毛症の原因は何ですか?

自己免疫疾患によって免疫システムが毛包を攻撃した結果起きるのが全頭性脱毛症です。正確な原因は不明で、現在も多くの議論の対象となっています。時間の経過とともに多くのことがわかってきていますが、完全な治療法や予防法の発見まではまだまだ遠い道のりです。

  • DPCP Treatment of Alopecia Totalis
  • The alopecia totalis Wikipedia page

全身脱毛症

全身脱毛症は、頭皮を含んだ頭や体の毛が完全に抜け落ちるのが特徴です。円形脱毛症の進行型のひとつです。

通常、患者さんは脱毛症の症状以外は健康ですが、甲状腺疾患や白斑(皮膚における斑状の色素脱失)を罹患する可能性は一般集団に比べて高くなります。白斑のある患者さんはやがて全身脱毛症を発症されることがあります。

全員ではありませんが、全身脱毛症の患者さんの多くは出生時にはある程度の毛髪があり、その後すぐに抜け毛が始まります。この疾患は常染色体劣性遺伝病のひとつで、染色体バンド8p21.2内のHRと呼ばれる遺伝子の突然変異によって引き起こされます。この遺伝子はマウスの無毛化の要因となる遺伝子のヒト版です。

「無毛」遺伝子は全身脱毛症の人だけに見られるのですか?

そのように考えられています。これまでの研究に基づけば、このような重度でまれなタイプの円形脱毛症に罹患する方のみがこの「無毛」遺伝子を保有すると言っても差し支えないでしょう。残念ながら、これがすべての患者さんに当てはまるかどうかは十分に検証されていません。遺伝的な傾向以外は、全身脱毛

症の原因は不明なままです。体毛がないと、頭皮や目、鼻腔などが特に傷つきやすいため、日光や細菌、その他の有害物質から身を守るように十分注意することが重要です。全身性脱毛症は、急性で短期間で治ることもあれば、生涯続くこともあります。全身が脱毛してから何年も経ったあとでも、毛髪が再生する可能性は常にあります。しかし、いつ再生するか予測することはできません。

全身脱毛症は治療できますか?

全身脱毛症には標準治療(科学的根拠に基づいて推奨される最善の治療法)はありません。

しかし、小規模な回復につながった2つの治療法があります。

  • 接触免疫療法:
    接触免疫療法では、ジフェニルシクロプロペノン(DPCP)やスクアリン酸ジブチルエステル(SADBE)などの接触アレルゲンを用いて、脱毛を引き起こしている細胞の作用に対抗すると考えられている免疫反応を誘発します。2,227人の患者を対象とした45件の研究の知見をまとめ、分析を行ったレビューによると、接触免疫療法を用いた全頭性脱毛症および全身脱毛症患者の54.5%に何らかの毛髪再生、および24.9%に完全な毛髪再生が認められました。全身脱毛症の治療に有用な作用がある一方で、重度の皮膚炎といった深刻な副作用を引き起こすことがあります。
  • 副腎皮質ステロイド(コルチコステロイド
    副腎皮質ステロイド外用剤、例えばクロベタゾールプロピオン酸エステル(clobetasol proprionate)などは、全頭性脱毛症および全身脱毛症の治療に有効であることがわかっています。28人の患者を対象とした比較試験では、0.05%クロベタゾールプロピオン酸エステル軟膏を用いたところ、8例(28.5%)に終毛の成長が認められました。これは免疫療法の試験から得られた結果と非常によ
    く似ています。また、ステロイド剤の塗布よりも病変内への局所注射の方がはるかに効果的であることが研究により示唆されています。しかし、主な副作用は治療部位の皮膚萎縮のリスク増加で、場合によっては毛包炎も合併します。