瘢痕(傷あと)のSMP治療

瘢痕(傷あと)のSMP治療

FUE(Follicular Unit Extraction)またはFUT(Follicular Unit Transplantation)のような毛髪移植手術を受けた方のほとんどは、大きく目に見える瘢痕(傷あと)とともに人生を過ごされています。この瘢痕は手術を行う医師の能力にかかわらず、毛髪移植で一般的に想定されているリスクのひとつです。

YokoTotalBeautyは、抜け毛を目立たなくするために行われる毛髪移植手術がこのような瘢痕を作ってしまうこと、それがどれほど嘆かわしいことかを理解しています。当サロンでは、こういった医療処置による瘢痕を効果的にカモフラージュできる治療法をご用意しています。

頭皮の瘢痕を隠したいとお考えの方には、シドニーの当サロンが提案する治療法、スカルプマイクロピグメンテ―ションが、費用対効果が高くおすすめの治療法です。手術、けが、感染症など、瘢痕の原因はひとつではなく、瘢痕がある部分の皮膚の色と毛髪の色を馴染ませるために、当サロンでは特別なアプローチを取っています。

瘢痕の状態や皮膚のタイプはその方によって異なるため、SMPの施術もそれに合わせてカスタマイズされたものになります。YokoTotalBeautyでは、瘢痕は通常の肌とは色素の持ちが異なることを前提に、髪の色に自然になじむように染料を調整します。小さな傷あとであれば、髪の毛をかぶせたような効果を作り綺麗にカモフラージュすることも可能です。

$2750

SMP for SCAR

Prices are estimates. Please book a consultation for customised price.

当サロンが独自に開発したアプリ、SMP Check App は、スタイルの選択に迷われていたり治療後の外見のイメージを掴みたいという方におすすめです。

生え際の後退や脱毛斑にお悩みの方もご安心ください。当サロンのテクニシャンが、最先端の技術で色素を点状に注入し、毛根を本物のように再現します。瘢痕(傷あと)をカモフラージュし、薄くて細い髪の毛に密度を足し、後退した生え際脱毛斑を元通りに仕上げます。毛髪移植手術、かつら、ボリュームアップスプレー、育毛クリームなどにお金を費やす必要はもうありません。